検索
  • okuyasu8

道路管理で一考

 現在、各市町村には多くの道路が整備されています。私の故郷でも昭和40年代以降に、

道路はアスファルト舗装されてきたことを覚えています。砂利・バラスを敷いた道路、穴の開いた道路は無くなり、本当にきれいなまちとなりました。

 しかしながらアスファルト舗装の道路は、例えば長雨等による亀裂部分の拡大により穴開きが起こって場合や周期的な再舗装を行い、安全で安心な道路として管理しています。様々な理由で市道認定ができなかった地域の市道認定、新しい住宅地ができて市道認定されれば、市の管理下に入ります。

 草津市においては現在も人口が増加し、住宅地が増えていますが、今後、人口が減少する時代は訪れた時に、どのように道路整備を行うのか、公共インフラ整備が課題となってきます。

 これまで普通にできていたことができなくなった時に、協働するまちづくりが何なのか、今から考えることも必要ではないでしょうか。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

10/1・開票された第49回衆議院議員選挙は、自民党が過半数を獲得、連立する公明党を入れると安定数の議席を獲得しました。 昨日は、岸田内閣総理大臣が選任され、新しい内閣による政治が始まることになります。 選挙戦で、各政党が訴えていた政策の実現に向けて動き出しています。また、各議員が街頭等で訴えていた政策も、それぞれが実現に向けてこれから取り組まれることになります。 各党、各議員の政策に違いはあるも

本日10/29 13:30からクサツエストピアホテルにて、設立総会が開催されました。 設立総会では、準備委員会会則、委員等の委嘱が行われ、私も参与の委嘱を受けました。 設立総会の後に、第1回会議がおこなわれました。大会に向けて、いよいよ現実的な動きが始まります。